SIXPAD (シックスパッド) ここが知りたいQ&A

SIXPAD (シックスパッド)本体の仕様について

q1本体の重さは?

a1

SIXPAD BODYFIT(シックスパッド ボディフィット)本体の重量は約49g(コイン型電池含む)
SIXPAD ABSFIT(シックスパッド アブズフィット)本体の重量は約84g(コイン型電池含む)

どちらも軽いです。軽いしペラっとしています。薄型でコードレスだからどこでも持ち運べるだけでなく、身につけていてもまったくわかりません。

q1本体の材質は?

a1シリコーンゴム、ABS、PET、導電性銀、カーボンインクが使われています。

表面は黒で、裏面はオレンジと電気の通っている部分はグレーです。身体のラインにフィットしやすいように、かつ耐久性のあるシリコン製のゴムでできているので取り扱いしやすいのが特徴ですよ。

q1台紙の材質は?

a1SIXPAD (シックスパッド)の台紙は、PET、PP、紙でできています。ジェルシートで身体に貼り付けるタイプなので、ジェルシートの劣化を防ぐために、保管しやすい台紙に貼り付けるようになっていますよ。

SIXPAD (シックスパッド)台紙

台紙は紙ですが、ツルッとしています。きちんと貼り付けないと、意外とはみ出したりしてしまうのです。

もっと詳しい本体詳細や仕組みはコチラ>>SIXPAD(シックスパッド)公式ブランドサイト

SIXPAD (シックスパッド)のこんな使い方って?

q1お風呂場とかで使っても大丈夫?

a1SIXPAD (シックスパッド)本体は防水ではないので、使用できません。間違って水に濡らしたてしまわないように!

q1寝ながら使ってもいい?

a1睡眠中の使用はしないこと!横になった姿勢で使う分は全然大丈夫ですよ。

q1低周波治療器みたいに肩こり腰痛に使える?

a1SIXPAD (シックスパッド) 低周波を使ったトレーニングギアなんですが、トレーニングやダイエットのためのプログラムが設定されているので、肩こりや腰痛に使う低周波治療器の代わりにはなりません。

それに心臓に近い部分への使用はしないでくださいとの注意書きがあります。

SIXPAD (シックスパッド)はトレーニング用!正しく使いましょうね^^

SIXPAD (シックスパッド) 強さについて

q1初めて使用時のレベルは?

a1人によって感じる刺激が違うので、初めて使う時の強さは特に決まっていません。が、SIXPAD (シックスパッド) などのEMS機器を使うのが初めての人はまず、「レベルを1つずつ上げていって刺激がくるか」を確認していきましょう!

q1腕にする時のレベルは?

a1実はボディフィットはアブズフィットよりも接着面が広いからか、貼り付ける部位の脂肪が少ないからか刺激を感じやすいのです。必ずレベル1から調整してくださいね。

SIXPAD (シックスパッド)の購入について

q1アブズフィットとボディフィットどっちがいい?

a12つのシックスパッド、それぞれ用途があって、アブズフィットは腹筋用(6パック)、ボディフィットは腕、ウエスト、足などの筋力トレーニングに向いています。

absfit bodyfit

実際に使ってみてお腹への効果がでやすいと感じたのは、アブスフィットです。可能であれば、ボディフィットと一緒に使ってトレーニングするとより効果的ですよ。

どれがいいか迷ったら・・・オススメは一番売れてるこの3点セット

SIXPAD (シックスパッド)人気の3点セット

sixpad本体&付属品セットで、通常59,400円ですが→セット割引で55,200円(通常価格より4,536円もおトクに!)

用途に合わせたセットがありますよ>> SIXPAD(シックスパッド)公式サイト