シックスパッドがジムに?シックスパッドステーション登場!

シックスパッド ジムになって登場!

SIXPAD STATION

シックスパッドのジム!シックスパッドステーションとは?

手軽に筋力トレーニングができるEMS機器、シックスパッド(SIXPAD)。

自分の好きなタイミングで、いつでも気になる部位にシックスパッドを貼り付けてトレーニングでき、ジムに通わなくても筋トレできるというのが大きな特徴ですよね。

下の写真だと右側のクリスティアーノ・ロナウド選手の前にある白いブースは家庭用のEMS機器シックスパッド(SIXPAD)です。

シックスパッドステーション

そして、左側の黒いブースの部分が、シックスパッドステーション(SIXPAD STATION)とは、SIXPAD(シックスパッド)ブランドのEMSを利用した近未来型EMSトレーニング・ジムになります。※2018年6月に代官山にてプレオープン、夏にオープン予定。

シックスパッドステーション 全身の筋肉を同時に鍛えるヒミツ

EMSを使う、といった点では家庭用のシックスパッドも同じなのですが、鍛えられる範囲がググッ!と広がって体全体、「全身の筋肉を同時に鍛える」というのが特徴になっています。

トレーニングする際に使用するアイテムとして次の3つが紹介されていました。

トレーニングアイテム


1.コントロールタワー

トレーニングを管理し、効率的にする。
EMSフルボディスーツとデジタルトレーニングミラーを制御するデバイス、コントロールタワー。Bluetoothで通信し、IoTによる記憶機能を駆使して一人ひとりのトレーニングレベルを蓄積。効率的なトレーニングを実現します。

コントロールタワー

2.EMSフルボディスーツ
全身のあらゆる筋肉を同時に鍛える。
全身の筋肉特性に最適なサイズ・位置に電極を配置した全身トレーニング専用EMSスーツ。電気を均一に流すための締めつけ構造で動きやすさも考慮。さらに高い通電効率を発揮するための保水性に優れ、全身を同時に、効率的に、トレーニングします。EMSフルボディスーツ

3.デジタルトレーニングミラー
よりクオリティの高いトレーニングに導く。
正しいトレーニングフォームへ誘導するミラー。内蔵されたセンサーにより、骨格の詳細な情報を分析し、一人ひとりに最適なトレーニング動作ガイドを画面に表示。コントロールタワーから送られてくる情報から、より意識すべき筋肉の部位を映し出します。

デジタルトレーニングミラー

近未来型のトレーニングジムというだけあって、今までみたことないような映画の世界に出てきそうなアイテムの数々ですね。

シックスパッドステーション 体験談口コミ

で、気になるシックスパッドステーションのトレーニング内容ですが、世界に先駆けて、2018年3月に近未来型EMSトレーニング・ジムとしてアメリカのショーでお披露目されました。

EMSフルボディスーツ、言うまでもなく全身用シックスパッドですね。9部位18ヶ所の筋肉に電極を配置して鍛えていく。スーツは貸出。

EMSフルボディスーツ

体験者談によると・・・

「3分やっただけなのに、まるで30分の筋トレをやった気分だ」

「身体の表面が動くだけだと思ったら、筋肉の奥からしっかり動いている」

3分で30分くらいの負荷に感じるということは、シックスパッド(SIXPAD)よりもより時短で、効率的な筋力トレーニングができるのだということが体験談からもわかりますね。

EMSフルボディスーツを来てみた時の装着感というか着心地のようなものってどうなっているんだろう、と思っていたら様々な体型にフィットするよう作られており、動きやすさも考慮されているとのこと。

デジタルトレーニングミラー

デジタルトレーニングミラーが今回のシックスパッドステーションがスゴイなと感じているのですが、鏡(ミラー)に写った姿で骨格の詳細な情報を分析したり、意識すべき筋肉の部位を映し出したりする。

自分は運動が苦手なのでミラーに自分の姿が映るとかは、正直気恥ずかしいです。モデルの男性みたいにカッコよくポーズを取ってみたい願望はあり。

体験者談によると・・・

「ミラーに表示されるのが良い、トレーニングフォームがわかりやすい」

シックスパッドステーション 口コミ 体験談

「こんなの見たことない、アメリカに出店して欲しい」

なんて意見も。

日本でも今のところ代官山だけなので、自分の住んでいるところにも出店してほしい!というのが正直なところ。

シックスパッドとシックスパッド ステーション 違いを比較

最後に、ジムと自宅でやるのとの違いを簡単にまとめてみました。

シックスパッドステーション(SIXPAD STATION)

SIXPAD STATION

シックスパッド(SIXPAD)

シックスパッド アブズベルト

鍛えられる部位 全身(9部位18ヶ所の筋肉に電極を配置) お腹、腕、足
トレーニング時間 15分 23分
料金(価格) 初回トライアル3,000円

(1回利用8,000円)

※マンスリープランもあり

単品19,800円~43,000円
メモ 2018年6月~プレオープン

鍛えられる部位の範囲が、ほぼ全身鍛えられる点、デジタルトレーニングミラーという大きな画面を見ながら、トレーニングを可視化できて、筋トレが足りてない部分も可視化できるのは大きなメリットだと言えるでしょう。

とはいえ、自宅で手軽に好きな時に、好きな部位を筋トレできるっていうのは、ジムに通えない人にとって最大のメリットであることに変わりないですね。

が・・・シックスパッドファンとしては一度は体験してみたいところ。

また続報あればお知らせしますね。