シックスパッド 使い方!こんな裏ワザもあり!

sixpad(シックスパッド)効果的な使い方はこちら>>sixpad 効果なし?sixpad 効果的な使い方を伝授

シックスパッドの基本的な使い方・sixpad貼り方のコツなど

sixpadmodel

  1. 同じ場所には1日1回まで
  2. 使いたい部位のお肌は汗をかいてない状態に!
  3. ジェルシートはすき間なく肌に密着させること(すきまがあると刺激や痛みの原因に)

シックスパッドの貼り方

取扱説明書とほぼほぼ同じですが、私の効果のあった使い方、貼り方は次のようになります。

アブズフィットは、肋骨と骨盤の間、おへその上に灰色の丸い電源部分が来るように貼るといい感じになります。
シックスパッド アブズフィット 使い方

貼り方のコツは、SIXPAD(シックスパッド)を反らせる感じに持って電源部分をおへそのところにあてます。

で、中央(電源付近)から放射線状に手をすべらせる感じで、空気が入らないようジェルシートを密着させていきます。この貼り方を覚えたら、きちんと貼れてない時に感じたピリピリ感がなくなりました。

ボディフィットは、V字になるようにして、ウエスト(わき腹)を挟みこむように、肋骨の少し下らへんがいい感じになると思います。
シックスパッド ボディフィット 使い方

これは個人差があるので実際に電源を入れて動かしてみて、あなたにぴったりの位置を微調整するといいですよ。

もし貼り直すときは、電源をオフ(マイナスの部分を長押し)にしてからやってくださいね。

電源のオン・オフのやり方

電源を入れる場合は、プラス(+)部分を2秒以上長押しします。

「ピーッ!」という音がなればトレーニング開始されます。
電源を切りたい場合は、マイナス(-)部分を2秒以上長押しします。

「ピーッ!」という音がなればトレーニングが中止されます。
シックスパッド 電源のオンとオフ

シックスパッド裏ワザ的使い方と注意すべき使い方

裏ワザ その1「おすすめ部位」

この写真にいろいろと載せちゃってるのですが、シックスパッド ボディフィットの通常のオススメ使用部位は腕、足、ウエスト、太ももの表、内ももです。
シックスパッド ボディフィット おすすめの使い方

個人的な裏ワザ的な使用方法としては、お尻、ひざ上、下っ腹、内ももになります。

メーカーおすすめ部位じゃないので痛みを感じたり違和感を感じたら、即効中止するように!

ちなみに・・・ひざ上に使っていたのですが、脂肪が少ないからか刺激がダイレクトに伝わってきたので、2~3回やった後止めました。

注意すべき使い方(オススメしません!)

低周波なので「もしかして肩こりとか腰痛に行けるんじゃない?」って肩甲骨まわりとか肩・背中、腰に貼り付けて使おうとしている人がいるようですが・・・

肩こりに使っちゃダメ!

というより使えませんし肩こりの解消にはなりません。

使用できない部位に

  • 首から上
  • 背骨や脊髄
  • 胸部
  • 肩甲骨付近の心臓周辺部

と記載ありました。

シックスパッドで胸筋 鍛えたい人は無理です(`・ω・´)キリッ。

心臓に近いので、シックスパッド以外の別ので筋トレをやりましょう。

実際に腰に貼ってみたけど、気持ちいいと感じられる低周波治療器とは違うし(筋トレするためのトレーニングギアなので当たり前ですが・・・)ジェルシートの粘着性もなくなってしまうのでもったえないです。

肩こりや腰痛はこういった低周波治療器でやったほうがいいです。

シックスパッドをお試しで肩などに貼って使ってみたのですが、なぜか痛みを感じたり、すっごく疲れました。違和感も感じて気持ち悪かったのですぐに止めました。

あと、背骨に近い部分にはシックスパッドの刺激を与えないほうがよいかと思います。メーカー的にもですが、個人的にもやめたほうがいいと体感しました。。。

肩、腰付近にはSIXPAD(シックスパッド)を貼らないこと!

裏ワザ その2「ボディフィット1つを使い倒す!」

SIXPAD BODYFIT(シックスパッド ボディフィット)

SIXPAD シックスパッド ボディフィットの写真>>

本体価格が少し高いから手がでない・・・でも使いたい!6パックとかじゃなくてもいいからお腹まわりを何とかしたい!

そんなあなたにオススメの使い方が一番値段の安い「シックスパッドのボディフィットを1つだけ買う」です。

デメリットは、ジェルシートの粘着がなくなるのが早まる点ですが、実験で1つだけを使いまわしてどのくらい使えるか試してみたら、

2週間連続使用で
・両脇腹(14回×2)
・ひざ上(2回×2)
・下っ腹(5回)

30回以上使っていますが、まだくっついています。汗などしっかり拭いたり洗い流してから使用するように気をつけていれば、けっこう使えます。(予備のジェルシートは購入済)

あと、もう一つのデメリットは時間がかかること。

両腕→46分

ウエスト→46分

太もも→46分

ここまでで2時間以上かかります。ピンポイントで1~2箇所だったらいいかもしれませんが、「カンタンにできることが続けられる秘訣=なりたい体に近づく」です。

ちゃんと続けたら効果あり^^v

SIXPAD シックスパッドのページ>>

注意点 メーカーさんにこの使い方について聞いてみたら・・・やはりボディフィットは、腕、足、ウエスト(横っ腹)用に作られているから、下っ腹とか腹筋鍛えるためならアブスフィットがオススメですと言われました。。。「やっぱ、そうだよな~」と思ったし、自分で使っていくうちにそれを実感してきたので、使用する部位は、メーカーさん推奨の部位での使用が一番効果的なのかな~と感じています。

ボディフィット1個だけ購入したものの、あとから追加でアブスフィットとボディフィットを買い足すという・・・。最初からセットにしときゃよかった。(セット割引もあるし。)

ちなみに・・・一番売れてるのは、このシックスパッド3点セットです。

(結果的にこれ選んどけば間違いなかったという・・・がっかり

SIXPAD (シックスパッド)人気の3点セット

SIXPAD公式通販サイト>>