シックスパッド フィットネス 新商品と類似品を徹底比較

シックスパッド フィットネス

SIXPAD FITNESS シックスパッド フィットネス

シックスパッドからフィットネスアイテムが発売になりました。2,000円~15,000円の手頃な価格帯でEMSとの併用だけでなく、フィットネスシリーズではじめてのSIXPADデビューという方も出てくるでしょう。

トレーニングだけでなくストレッチなどで使えるアイテムが中心となった今回のフィットネスシリーズ、さっそく1つずつ商品をチェックしていきますね。




SIXPAD FITNESS シリーズ

パワーローラー・パワーローラーS・ボディローラー・ストレッチリング、ボディーポールの5つのストレッチ用アイテム、そしてケトルベルは筋力トレーニング用具です。

英語名で書かれてたけど、商品のイメージがわきにくいです・・・。

  • Power Roller(パワーローラー)
  • Power Roller S(パワーローラーS)
  • Body Roller(ボディローラー)
  • Stretch Ring(ストレッチ リング)
  • Body Pole(ボディ ポール)
  • Kettle Bell(ケトルベル)

SIXPAD Power Roller(シックスパッド パワーローラー)

シックスパッド パワーローラー

特長

  • 最大 2800回/分のパワフルな振動機能を搭載。
    表面の凹凸がストレッチをサポートし、筋肉に心地よくアプローチ。
  • 気になる部位に押し当て、前後左右に動かすことにより、ストレッチをサポート。
  • お好みで選べる、2種類の振動と3段階のレベル設定。
  • 誰でも使いやすい、シンプルで直感的な操作。
  • 背中や腕、脚など、全身のストレッチに適したサイズを選定。

ストレッチできるローラーで振動するタイプ、もちろんSIXPADでは初。

これが今回メインのストレッチアイテムですね。

ストレッチローラーはいろんなメーカーからたくさん出ており、すでに発売されているもので特に人気が高い商品としてドクターエア ストレッチロール があります。

スペックとしてはEXFIGHT×DOCTORAIR ストレッチロールS EXFIGHTモデル」が近いですね。

商品名 シックスパッド
ドクターエア
サイズ 長さ 340mm × 直径135mm 高さ320×直径150mm
重さ 1540g(重量) 905g(質量)
電源 充電式(リチウムイオン電池内臓 7.4V 2600mAh) 充電式(リチウムイオン電池内臓 7.4V 2200mAh)
振動回数 弱:1,400回/分、弱リズム:MAX2,100回/分、中:2,100回/分、中リズム:MAX2,400回/分、強:2,800回/分、強リズムMAX2,800回/分 レベル1:2,000回/分、レベル2:2,600回/分、レベル3:3,200回/分、レベル4:3,700回/分
価格 ¥ 14,904 ¥ 19,000(前後)
メモ 色は黒(ブラック)の1色のみ

4色展開 他にもバージョン違いあり

→ドクターエア ストレッチロール

3分間で10000回の振動

デザイン

SIXPAD Power Roller(シックスパッド パワーローラー)は色は黒のみで選べませんが、シックスパッドのEMSとのデザイン性が共通化されたクールなブラックとワンポイントのオレンジで統一されています。

スペック

どちらもほぼ似たようではありませんが、SIXPADの方は振動回数と強さに幅があります。

値段

同じようなスペックで、と考えるとSIXPADのほうが若干安いですね。

SIXPAD Power Roller S(パワーローラーS)

シックスパッド パワーローラーS

  • 特長

    • 約長さ 315mm × 直径 85mm。手軽に持ち運べるコンパクトサイズ。外出先などいつでもどこでも使用可能。
    • 最大4000回/分の振動機能を搭載。
    • 背中や肩、腕、脚、足裏など、全身の気になる部位に押し当て、転がすように動作。
    • 硬すぎず、柔らかすぎない素材を採用。表面の凹凸により、筋肉を伸ばしたり緩めたり、充実のストレッチを実現します。
    • お好みで選べる、2種類の振動モードと4段階のレベル設定。
    • 充電時間:約3時間。弱モードで約6時間、強モードで約2時間動作。
    • 誰でも使いやすい、シンプルで直感的な操作

パワーと名がつくやつは、振動するタイプですね。

小さいサイズのパワーローラーで押し当てて使うことを想定されています。

スペック的に近い類似品として、すでに発売されている人気商品「ドクターエア 3Dマッサージロール MR-001」 があります。

商品名 シックスパッド パワーローラーS ドクターエア 3Dマッサージロール MR-001
サイズ 約長さ 315mm × 直径 85mm 直径85mm×高さ310mm
重さ 約840g(重量) 675g(質量)
電源 リチウムイオン充電池内蔵 (7.4V 2200mAh) 充電式(7.4V 2200mAh)
振動回数 弱:1500回/分、中:2500回/分、強1:3500回/分、強2:4000回/分 モード1:2300回/分、モード2:2700回/分、モード3:2300~3700回/分、モード4:3700回/分
価格 ¥ 9,504 ¥ 9,800
メモ 色は黒(ブラック)の1色のみ アシストカバー付き/5色展開

▼シックスパッドのパワーローラーを実際に使ってみた口コミレビューや使い方などをまとめています。

シックスパッド パワーローラーs 口コミ│効果的使い方・類似品比較
シックスパッド パワーローラーs(sixpad power roller s/SIXPAD Fitness Series)を実際に使ってみた口コミを写真つきで詳しくレビューしています。気になる効果や使い方って?パワーローラーとの違いや類似品などの比較もしています。

SIXPAD Body Roller(ボディローラー)

シックスパッド ボディローラー

特長

  • 約長さ 340mm × 直径135mm。背中や腕、脚など、全身のストレッチに適したサイズを選定。
  • 背中や腕、脚など、全身の気になる部位に押し当て、転がすように動作。
  • 硬すぎず、柔らかすぎない素材を採用。人の手のような凹凸で身体にしっかりフィット。
  • 前後左右に動かすことにより、筋肉を伸ばしたり緩めたり、心地よいストレッチを実現します。

SIXPAD Body Roller(シックスパッド ボディローラー)値段は¥ 3,888と案外買いやすい価格帯です。

有名メーカーから発売されているもので人気があるのは「トリガーポイント グリッド フォームローラー」ですね。ストレッチというか、今流行りの筋膜リリースをするのに使います。

トリガーポイント グリッド フォームローラー

  • 直径:14cm 長さ:33cm 重さ:604g
  • 本体:ABS樹脂(中芯部)、EVA素材(表面)
  • 価格¥ 5,400(日本正規品/日本語ガイドブック付

形状や素材はほとんど同じ。

ぶっちゃけSIXPAD Body Roller(シックスパッド ボディローラー)のほうが値段はだんぜん安いです。

が、トリガーポイントのグリッドフォームローラーの大きな特徴は、表面の凸凹。

マッサージセラピストの手技のような感覚を再現しています。朝と晩に毎日使っています。

SIXPAD Stretch Ring(ストレッチ リング)

シックスパッド ストレッチリング

特長

  • 約126mm × 316mm × 316mm。
  • 持ち運びやすい、1.2kgの軽量設計。
  • 背中や腕、脚など全身の気になる部位に当て、身体をあずけることで手軽にストレッチが可能。その他、柔軟運動などに用いることで、スムーズに可動域を広げられるようサポートします。
  • 背面に設置し上体をあずけることで、胸を開いたストレッチを実現。
  • 表面には滑りにくいTPE素材を採用し、安定した動作をサポート。

SIXPAD Stretch Ring(ストレッチ リング)値段は¥ 4,968です。

ヨガホイールとかヨガリングとかで使われているものと似た形状です。このストレッチリングを使いこなせる人は限られそう。

柔軟性がないとこのポーズとれないですから^^;

stretchring

体がめちゃくちゃ硬いので、使うのは勇気がいります。

SIXPAD Body Pole(ボディ ポール)

シックスパッド ボディポール

特長

  • 約長さ900mm × 150mm。お手入れしやすい素材を採用。
  • 仰向けで上に乗ることにより、身体の重みでストレッチを実現。その状態から左右にスイングするなど、さまざまな動作によって首・肩・胸・腰など筋肉のリラックスをサポートします。
  • ボディポールの上に仰向けになることで、こり固まった筋肉を緩めて伸ばします。
  • 仰向けで上に乗った時に、ストレッチ効果が得られやすい高さに設定。
  • ストレッチに適した、強度と反発性に優れた芯材を採用。
  • 使用限界重量:100kg

SIXPAD Body Pole(ボディ ポール)¥ 3,132

シックスパッドのシリーズとしては珍しく値段が安い。


なぜかというとストレッチポールの値段は¥ 9,180だからです。一番人気のある商品はLPN ストレッチポール(R)EXになります。体操選手とかがよく使っているアレですね。ストレッチポールは全5色展開。

  • サイズ:長さ約98cm x 直径約15cm /重量:約700g
  • 素材:(芯材)発泡オレフィン系樹脂(EPE) /(カバー)合成皮革(PVC)
  • 付属品:エクササイズDVD、コンセプトブック、スタートブック

サイズ感はほぼ同じ。

SIXPAD Body Pole(ボディ ポール)の素材が、EVAだから安いのか、ストレッチポールは付属しているエクササイズDVDが高いのか。合成皮革とかでちょっと高級感出してるからなのかわかりません。

ちなみにMTGでは、Style(スタイル)という姿勢を美しく保つシリーズから発売されている美姿勢ストレッチ Style Athlete Pole(スタイルアスリートポール) 」というのがあります。

  • 明書 耐荷重:約120kg
  • 材質 構造部材:ポリスチレン クッション材:ウレタンフォーム 生地:ポリエステル90%、ポリウレタン10%

スタイルアスリートポール共同開発者は、昔懐かしいフィギュアスケート選手の村主章枝さんです。

SIXPAD Kettle Bell(ケトルベル)

特長

  • 重さ:8kg。サイズ:185mm × 120mm × 210mm。
  • 両手で持ち上げる「スイング」や片手で持ち上げる「スナッチ」を基本に、振ったり持ち上げたりするケトルベルならではのトレーニングメニューにより、体幹やインナーマッスルを鍛えます。
  • ケトルベルを振る動作などでは、姿勢を保持し続けることが必要なため、体幹を鍛えることが可能。
  • 全身を使ったメニューにより、全身の筋力・持久力を養うことが可能。
  • 体力や目的に合わせて選べる2サイズをラインナップ(4kg/8kg)。

シックスパッド ケトルベル4kg 値段は¥ 2,030、シックスパッド ケトルベル8kg 値段は¥ 3,542になります。

今回登場したフィットネスシリーズで、唯一の鍛える系。

今までに発売されているEMS機器とトレーニングウェアに加えて、今後も増えて行きそうな筋トレアイテム。ダンベルじゃなくてケトルベルのほうが一般的なのでしょうか。

FIELDOORというメーカーの FIELDOORケトルベル 4kg / 5kg / 8kg / 10kg / 12kg / 16kg / 20kg / 24kg PVCコーティング 音軽減 キズ防止 体幹トレーニング は重さで色が違っています。

シックスパッド ケトルベルは4kgか8kgなので、選択肢としては少ないかも。

すでに発売されているのですが、体幹を鍛えるならシックスパッド ウォーターウェイト (SIXPAD Water Weight) というのがあります。中に液体が入っていて、水平に保つだけでも体幹がないとぐらついてしまいます。

ちなみに、長友選手とMTGが共同開発した「MTG(エムティージー) 体幹トレーニングギア TAIKAN STREAM(タイカン ストリーム) 」は、デザインが違いますが、ほぼほぼ同じ商品で、こちらのほうは色や種類が選べます。

SIXPAD FITNESS シリーズ まとめ

シックスパッド フィットネス

シックスパッド フィットネスシリーズ(SIXPAD Fitness Series) 第1弾

  1. SIXPAD Power Roller(パワーローラー)
  2. SIXPAD Power Roller S(パワーローラーエス)
  3. SIXPAD Body Roller(ボディローラー)
  4. SIXPAD Stretch Ring(ストレッチリング)
  5. SIXPAD Body Pole(ボディポール)
  6. SIXPAD Kettle Bell(ケトルベル)

第一弾というからには第二弾があるであろうシックスパッドのフィットネスシリーズ。

今後の展開として、バランスボール、ヨガマットは発売されるでしょう。 ※バランスボール、ヨガマット(トレーニングマット)は第三弾で発売されました。

シックスパッド フィットネスシリーズ 第二・第三弾の商品

シックスパッド フィットネスシリーズ第二弾

シックスパッド フィットネスシリーズ第2弾

  1. SIXPAD Push Up Bar(プッシュアップバー)
  2. SIXPAD Training Band(トレーニングバンド)
  3. SIXPAD Ankle Weight(アンクルウェイト) 3タイプあり(1kg/2kg/3kg)
  4. SIXPAD Foot Roller(フットローラー)
  5. SIXPAD Stretch Rod(ストレッチロッド)
  6. SIXPAD Exercise Band/SIXPAD Exercise Band S(エクササイズバンド/エクササイズバンドエス)2タイプあり


トレーニングバンドが一番人気。電気も使わずいろんなトレーニングに応用できます。また2,000円代とシックスパッドのシリーズではありえない安さなのも魅力。

アマゾン→SIXPAD Training Band(トレーニングバンド)

楽天市場→SIXPAD Training Band(トレーニングバンド)

シックスパッド フィットネスシリーズ第3弾

シックスパッド フィットネスシリーズ第3弾

  1. SIXPAD Balance Ball(バランスボール)
  2. SIXPAD Training Mat(トレーニングマット)

フォローする

スポンサーリンク