シックスパッド ジェルシートについて

シックスパッド ジェルシート

シックスパッド ジェルシートのページ

シックスパッド アブスフィットとボディフィットに使用されているのは、高電導ジェルシートという透明の専用ジェルシートになります。オレンジと透明のフィルムに挟まれています。

シックスパッド ジェルシートって?

シックスパッドの純正品ジェルシートの機能と役割

導電性・・・・・電気を均一に高精度に身体へ伝える
粘着性・・・・・粘着性に優れており、はがしたあともべたつかない
低皮膚刺激性・・角質に入りにくい仕様で、肌へのダメージを減らす
水分呼吸性・・・ジェルシート内の温度を一定に保ち、汗を吸収、蒸発させムレを防ぐ

シックスパッド ジェルシート 代用ってできる?

ドロっとしたジェルの場合

シックスパッドはジェルなどを本体や体に塗るだけでは使えません。そもそもドロっとしたジェルだと、シックスパッドが体にピタッとくっつきません。

それとジェルだからといってジェル状の化粧品とか全然違う商品のジェルシートを代用で使うのは危険ですよ。

ビリビリきそうだし、怖くてそんなことできないです。。。

互換と謳う偽ジェルシート(メーカー非推奨

一応存在していますが正規品ジェルシート定期便との価格差はたった500円前後くらいです。

ただし、これを使うことのデメリットがあまりに大きすぎるので当ブログとしてはおすすめしません。

なぜなら非正規品ジェルシートを使っての故障はメーカー保証対象外のため。

そして・・・

シックスパッドは正規品のジェルシートを使うことでその威力を発揮します。

※くわしくは上記「シックスパッドの純正品ジェルシートの機能と役割」を参照)

シックスパッド本体を体に貼り付けて23分も筋トレしますからね。

偽ジェルシートで、やけどでもしようものなら最悪です。。。。病院へ行く手間、治療費がかかろうものならかなりの出費です。そして自分自身も痛いです。

メーカーのシックスパッド専用のジェルシートは肌に優しい作りになっているのに粘着力も強力なのでしっかり体にくっつきます。

でも互換という名の偽ジェルシートはべたついたりすぐ剥がれたりってのが、自分はイライラしてしまいそうですし、粘着が弱いのは終わっていると思われます。致命傷レベル。

もし買うならメーカーの保証期間が切れてからならもしかしたら検討すると思いますが・・・。ほぼ100%使わないですね。だってやけどとかケガしたくないですし、すぐ剥がれたりベタつくとか嫌ですもん^^;

あとsixpadの正規品ジェルシートは電導性があることをお忘れなく!

これは正規品のシックスパッド専用のジェルシートを使っているからこそ、低周波EMS機器sixpadの効果がちゃんと得られるようになりますので本体と専用ジェルシートは切り離せないと思ったほうがいいですね。

なんだかんだでやっぱ正規品が一番ですぜ→SIXPAD(シックスパッド) ジェルシート販売ページ

一番安全なシックスパッド ジェルシート 代用品(ぶっちゃけ無意味です)

一番安全なシックスパッド ジェルシート 代用品として考えられるのは、シックスパッド ジェルシートは、ボディフィットのジェルシートをアブスフィットに使う、ですかね。

でもジェルの大きさが全然ちがうのでそれぞれ専用のジェルシートを使うのが大前提。

ジェルシートはシックスパッドを使う時に「シックスパッドでのトレーニングをするときには必要なもの」と思って本体を購入するのがベストかなと思っています。

非正規品ジェルシート使って本体壊れたら数万円がパー!・・・orz_04

ジェルシート貼付け時の注意点SIXPAD(シックスパッド)ジェルシート 代用品を使用すると損な理由・・・シックスパッド純正品のジェルシート以外を代用に使うと保証対象外になってしまいますし、故障の原因になる可能性があり、また最悪やけどなどケガをする可能性もあるので、総合的にデメリットしかありません。

シックスパッド ジェルシートってどんな感じ?

SIXPADのジェルシートの使用感・感触についてですが、ジェルシートだけでしっかりと体にピタッと貼り付けられる仕組みなので、すっごい粘着のあるゼリーみたいな感じです。

つけた瞬間ヒヤッとするかもしれませんが、しばらくすると体温でなじんでくるので冷たさは気にする必要はないかと思います。

シックスパッドにジェルシートを貼る時の注意点

本体を裏側に電極部(灰色のような、デザインような部分)がありますので、そこにジェルシートを貼ります。
SIXPAD (シックスパッド) ジェルシートの貼り方

内容物のセットの中にジェルシートが2枚入っているのでそれを本体に貼り付けます。

少し注意が必要なのが、ジェルシートについている保護シートをはがす時です。

オレンジ色の保護シートをはがして本体に貼り付け、空気が入らないように透明の保護シートの上から押さえるようにして、最後に透明の保護シートをはがします。

ここがうまくいかない・・・。

ジェルシートを貼る向きが決まってるのかな?と思ってオレンジ色の方をはがしてジェルシートを貼ろう!と格闘してみたのですが、結局はがせず。

MTGのサポートの人に確認したらどちら側でもいいということだったので、どうしてもはがせなかったので、はがしやすかった透明保護シートはがしてから本体側に貼付けました。
シックスパッド ジェルシート 貼り方1

オレンジ色の保護シートがついた状態を自分側にしてようやく準備完了!

シックスパッド ジェルシート 貼り方2

しかし!オレンジ色の方を本体で透明の方を自分側にして貼らないと、電極の位置がわかりにくいということが判明!

SIXPAD (シックスパッド) ジェルシートの貼り方3

「えーーーー!見えてなかったからずれてるし、空気入ってるやんっ!」

って感じになりました・・・がっかり

シックスパッド ジェルシート 貼り方4

空気が入った部分は、剥がした後の透明の保護シートを再利用して、携帯の画面に貼る保護シート的な感じで、空気抜きすればなんとかなりました!

SIXPAD (シックスパッド) ジェルシート失敗した場合

微妙なズレは・・・そのまま放置しちゃいました。次回の貼り変え時にはきちんと調整しようと思います。

注意点 格闘したのはボディフィットのジェルシートだけです。アブズフィットのジェルシートには、オレンジ色の面にちゃんと切れ込みが入っていて、問題なく貼り付けできました。※実は・・・後日談なのですが初期のボディフィット用ジェルシートは切れ込みが入ってなかったのですが、今はボディフィット用もアブスフィット用のジェルシートと同じように切れ込みが入ってはがしやすく改良されているとのこと。(〃´o`)=3
もし、前のタイプのジェルシートが届いて困ったら、今回の方法をご参考くださいね。。。

※追記※

定期便で届いたアブスフィットの方のジェルシートの切れ込みも入ってないものが届きました。ジェルシートの貼り替えや新しく貼る時に格闘しなくていいように、自分がやった裏技をまとめましたのでよかったら読んでみてくださいね。(→SIXPAD ジェルシート貼付時の注意点

absfitjelsheet

ジェルシート貼付け時の注意点※取説には、「向きを間違えないでください!」とかって書いてたんだけどな・・・。本当はどっちでもいいんだろうけど、貼る位置がわかりにくいからだろうね。

シックスパッド ジェルシート交換の目安と使用上の注意

メーカー推奨のシックスパッド用ジェルシート、次の交換までに使えるのは30回位です。

sixpadjelsheet07

目安の回数に到達する前に、ジェル自体に穴が開いてしまっり、乾燥してジェルシートの粘着性が弱まってきたな~と感じたら交換するタイミングになります。

くたびれてきたジェルシートを使うと、粘着がなくなってくっつかないだけでなく、トレーニング時の電気刺激が低下したり、痛みやひどい場合はやけどの原因にもなってしまいます。

またジェルシートのジェルは、あまり触りすぎると粘着力がなくなってしまいますし、ジェルシートが乾燥したり、破損(えぐれたり・・・)するので、なるべく手で触らないようにして使いましょう!

シックスパッド ジェルシートの値段

ジェルシートは約30回ごとに交換になるので少しでも安く、そして粘着力がなくなる前に、ちゃんと届けてもらいたいですよね。
定期コースでの購入だと初回から20%OFFになり、単品で購入するより安くで買うことができます。

アブズフィット用のジェルシート

6枚入りで通常価格3,800円(税込4,104円)

absfitjelsheetkakaku

ボディフィット用のジェルシート

2枚入りで通常価格2,600円(税込2,808円)

bodyfitjelsheet

定期コースでの購入は30日、60日、90日後に商品を発送希望といった感じで、自分のペースで届けてもらえるように設定可能です。

またお休みもできる(スキップ)ので、ジェルシートだけがどんどん使ってないのに貯まっていく、なんてことはありませんよ。

シックスパッド専用ジェルシートは定期コースや単品での注文時、こんな感じで届きます。
シックスパッド ジェルシート 定期コース

毎回、送料無料で、20%OFFで買えるのですから、お得な上に安心して定期コースで注文できましたよ。(ちなみに本体を購入したときに定期コースがセットになっています。)

SIXPAD(シックスパッド) ジェルシート販売ページ