シックスパッド 故障?と思ったら試したい3つのこと

SIXPAD (シックスパッド) 故障してるかも?と思ったらチェックしたい症状をまとめています。

1.SIXPAD (シックスパッド)本体から何度も音が鳴る

  1. 肌に密着していない場合
  2. 間違って電源がオンになっている場合
  3. ジェルシートが乾燥している場合

SIXPAD (シックスパッド)身体に貼り付けているのに、音が「ピーピー、ピーピー」と連続して鳴り続ける場合があります。

これはちゃんと肌に密着していない時の警告音になります。

また台紙に貼り付けている状態で間違ってシックスパッドの電源が入ってしまった場合にも同じように音が連続して鳴り続けます。

そして意外と気が付きにくいのが、ジェルシートの劣化による乾燥です。

sixpad(シックスパッド)のジェルシートの交換の目安は30回。となっていますが、きっちりその回数を守らなくても、多少長持ちさせることはできますが、限度を超えると肌についてるはずなのに警告音のピーピーピーがなってしまいます。

ジェルシートが乾燥しすぎて肌とちゃんと密着していないとシックスパッドが判断しているのですね。こんなに小さい電源部分なのに案外賢いのがびっくりです^^;

こんな場合は新しいジェルシートに貼り替えましょう!

消す方法はマイナス(-)部分を2秒以上長押しすればスイッチオフになります。また約2分以上その状態が続くと自動的に電源が切れるようになっています。

2.電源を入れてすぐ、全然効かないんだけど?

+(プラス)の部分を2秒以上長押ししてスイッチが入ると電源が入るので、再度+(プラス)を1回押すと「レベル1」になります。

強さが足りないと感じた時は、プラスを押してレベルを上げて使いましょう。もし強すぎると感じたら、マイナスを押すとレベルが下がります。

注意点 +(プラス)の部分を長押しすると、まずは電源が入っただけになります。

そこからプラス部分を1回ずつ押してレベルを上げていくことで、EMSが身体の貼り付けた部位に効いてきますよ^^ またマイナスを2秒以上長押しすると電源スイッチが切れます

のでご注意を。

※注意※ 電池を新しいものに入れ替えて、スイッチを入れても動作しない場合はsixpad本体が故障している可能性があるので、メーカーのサポートセンターに連絡しましょう。

3.トレーニングの途中で止まる/電源を入れようとしても反応しない

電源ボタンを長押ししてスイッチを入れようとすると「ピピッ!」と鳴るだけで、全然トレーニングが始まらない・・・。もしくは、トレーニングの途中で止まってしまう。

そんな症状が出はじめたのが使い始めて1ヶ月近くたっての事でした。もしかして?と思って電池を新しいものに交換したらいつも通り使えるようになりました^^

注意点 途中で止まったり、「ピピっ!」と鳴って電源が入らない場合は、まず電池を新しいものに交換してみましょう!

SIXPAD(シックスパッド)故障かも?まとめ

ピーピーと警告音がなる

肌に密着してるか確認する。ジェルシートが乾燥していないか、している場合は新しいものに交換する。

電池切れでもエラー音がなります。まずは電池を新しいものに交換してみましょう。

シックスパッド 電池について 電池寿命と交換時期・種類など

電源入れたけど動かない

レベル調整ができてない可能性。買ってすぐ、はじめて使う場合に特に注意したいのが、レベル調整です。+プラスの部分を2秒以上長押しして、その後に押した分だけレベルが強くなっていきます。

すぐ止まる

電池切れの可能性が高い。

※ただし電池交換しても動かない場合は初期不良、故障の可能性も。そんな場合はメーカーのサポートセンターへ。購入してから1年以内の自然故障であれば保証期間内で対応してもらえます。